伊田 真広

メッセージ

201212285559私は,大学時代に富士登山の添乗員のアルバイトをしたことがあります。その折,登山の途中で歩けなくなったお客様の荷物を持ち,一緒に登ったことがありました。今でも思い出されるのは,そのようなお客様も,富士山からの朝日を見ると,大変素敵な笑顔をされていたということです。

私は弁護士の仕事に就き,先輩の弁護士から,この仕事は,依頼者の方の重い荷物(それぞれの方が抱える問題や不安)を半分持つ仕事だと教えていただきました。登山者の中には,高齢であったり,体質的に高山病に弱かったりと様々な不安を抱え頂上を目指す人も少なくありません。同様に,依頼者の方々も,それぞれが抱える問題・不安ははかり知れず,一人では抱えきれないほどの重い荷物を背負っているものと思います。

そのため,まず,依頼者の方からきちんとお話を聞かせて頂き,抱える問題・不安がどのようなものなのか,そして一番の願い,思いはどこにあるのかをしっかり理解したいと考えております。

皆様に少しでも笑顔になっていただくために,心を込めて事件に取り組んでまいります。どうぞ,お気軽にご相談下さい。

 

 

 

【略歴】

昭和60年生 鹿児島県出身

平成15年  池田学園池田高等学校卒業

平成19年  大阪大学法学部卒業

平成21年  大阪大学法科大学院卒業

平成22年  司法試験合格

平成23年  大阪弁護士会弁護士登録(新64期)         アスカ法律事務所入所

 

【所属会等】

大阪弁護士会広報委員会

大阪弁護士会民事介入暴力及び弁護士業務妨害対策委員会

日本税法学会

 

【メディア掲載情報】

平成26年6月14日 毎日新聞(大阪版)朝刊の連載コラム「法律のツボ」に少額訴訟についての執筆記事が掲載

 


大阪|法律事務所|ベンチャー支援|アスカ法律事務所