上村 裕是

略歴

上村 裕是昭和59年生
平成21年 3月 関西学院法科大学院修了
平成21年 9月 新司法試験合格
平成21年11月 新第63期司法修習
平成22年12月 大阪弁護士会登録・アスカ法律事務所入所

メッセージ

弁護士のもとに相談に来られる方は人生の岐路に関わるほどの深刻なトラブルを抱えています。
弁護士としてそのようなトラブルを円満に解決するためには、正確で幅広い法的知識を備えていることは当然として、何よりも人間として深い洞察力と思いやりを持っていなければならないと考えています。
法律家としてはもとより人間としてもまだまだ未熟な身ですが、依頼者の方と共に悩み、解決に向けて最善の方法をとることができますよう、誠意をもって事件に取り組んでまいります。

 

企業・事業者の方については、訴訟等の紛争化した案件も当然対応させていただきますが、紛争予防も重視しています。紛争になってしまってからでは既に手遅れであることも多く、また解決までに相当な時間やコストもかかりますので、紛争にならないために取引条件や契約書の条項を工夫するなどの対応が大事だと考えております。ただ、事業を進めていく上でリスクはつきものですので、リスクを殊更強調してブレーキをかけるだけではなく、リスクが現実化する可能性やその場合の不利益の程度も勘案してあえてリスクをとって攻めていく場合のサポートもさせていただきます。

企業法務をする上では、法律論だけではなく経営戦略や財務・会計、税務といった分野の理解も不可欠ですので、その研鑽にも努めております。

 

個人のご依頼に関する取扱業務としては、特に医療事件(患者側)に力を注いでおります。

医療事件では、まず過誤があるか否かの調査をさせていただきます。医療は常にリスクを伴っており、結果が悪かったからといって当然に過失を問えるわけではなく、過失の立証については高いハードルがあります。調査の結果、責任追及は難しいとの結論に至る事例も決して少なくありません。やみくもに医師や医療機関の責任追及を行うことは、患者さんやご遺族に無駄な出費や手間をかけさせてしまうだけではなく、医療現場を不毛な紛争に巻き込むことになりその悪影響は大きいので、責任を問えるケースであるかどうか、協力医とも相談をしながら慎重に判断をさせていただきます。

過誤ありとの調査結果の場合、医療機関等に対して損害賠償を求めて示談交渉・訴訟提起をすることになります。患者御本人や遺族の方は深く傷つき大きな悲しみや怒りをお持ちであることが多いので、その心情に沿い丁寧な説明を尽くして納得のできる解決を図ります。

また、純粋な医療事件ではありませんが、薬の副作用により健康被害が生じた場合の救済制度(医薬品副作用被害救済制度)等についてもご相談ください。

 

所属委員会等

大阪弁護士会医療委員会

大阪医療問題研究会

講師歴

平成25年~27年 大阪弁護士会新規登録弁護士向け研修「医療事件」

 

上村裕是のBlog(http://www.aska-law.com/?cat=9


大阪|法律事務所|ベンチャー支援|アスカ法律事務所