法務部がない中小企業の方へ

企業活動は、法律、契約などのルールに規制されながら最大限の利益を得ようとする活動ですから、事業リスクの重要部分は法務リスクのはずです。

大企業ならば法務部門が整備されているでしょうが、中小の会社では、法務部門の整備をするだけの人的余裕も資金的余裕もないでしょうから、中小の会社は法務リスクに対して全く無防備なのが現状です。

アスカ法律事務所は、このような中小の会社に対しても法務支援の必要性を痛感し、独自のサポートを行っています。

ただ、法務支援といっても、従来のような顧問弁護士としてのサポートではありません。中小会社の法務部門を担う、つまり「中小会社の法務部門のアウトソーシング」を担っています。
 
これまでの顧問弁護士のイメージは、トラブルが発生してからの関与に過ぎませんでしたが、我々が目指す法務サポートは事後的なトラブルの処理ではなく、企業との日常的な連携の下でのリスク要因の分析・回避です。
 
つまり、日常業務の中での法務リスクの洗い出しを行い、最大限の利益を確保するためのサポートを提供することにあります。

例えば、出来上がった契約書のチェックをするだけでなく、契約交渉の段階から関与し、どのような条件にて交渉するのが最大限の利益確保になるのかといった交渉段階からのサポートをするといった、戦略的法務に重点を置いています。

勿論、コスト面でも中小会社の現状に対応しています。

顧問料は、一般的には月額5万円以上(消費税別)ですが、会社の実情に応じて柔軟な設定をおこなっております。

つまり、中小の会社でも年間60万円程度のコストで法務分門を組織化できるのです。


大阪|法律事務所|ベンチャー支援|アスカ法律事務所