交通事故

交通事故。それは、一番身近な法律問題かもしれません。

交通事故しかし、交通事故は単純に見えて非常に複雑な法律問題です。純粋な法律の問題だけではなく、保険実務の運用や医療知識まで必要となります。保険会社の担当者が説明することは難しくてよく分からない、そのような感想をお持ちの方がほとんどだと思います。
加害者の保険会社はこう言いませんか?
「私はあなたの味方です。私に任せてくださいね。」
本当ですか?

では、その担当者は「私どもが提示する保険金額は裁判所で認定される賠償金額よりも少ないことがほとんどです。」と説明していますか?判子を押す前に一度弁護士にご相談頂くことで賠償金が大幅に増大することも珍しくありません。

プロである保険会社担当者とのやり取りは、大変なご負担であると思います。また、やり取りをするたびに、嫌な思い出である事故について思い出さざるを得ません。

私どもは被害者に代わって、保険会社との一切の対応を行わせて頂きます。また、診断書をどう書いてもらえばいいのか分らないなど、日々生じる疑問についてもお答えさせて頂きます。

ただでさえ、事故という大変な目にあったのに、事後の対応で二重に後悔しないために。
まずは、当事務所までご相談下さい。

 


大阪|法律事務所|ベンチャー支援|アスカ法律事務所